Basic Knowledge
防犯カメラ・監視カメラ基礎知識

Basic Knowledge 防犯カメラ・監視カメラ基礎知識
security camera

防犯カメラ・監視カメラ基礎知識

ますます巧妙化してきた近年の犯罪。犯罪解決には防犯カメラで撮影された画像が大きく役立っていることも事実です。
お客様のニーズや環境に最適な防犯システムを構築する上での基礎知識を紹介致します。

防犯カメラ・監視カメラ基礎知識

防犯カメラの種類と用途

防犯カメラの種類はシステムと形状により大きく分ける事が出来ます。

システムの種類

IPカメラシステム

LANケーブルを使用し、デジタル信号として映像データを伝送するシステムです。LANケーブルを使用する為、スイッチングハブを用いて配線経路を集約するなど、中~大規模なシステムの構築が可能です。また、高解像度化や独自機能が付加されたモデルなど開発が進んでいます。

HD-SDIカメラシステム

同軸ケーブルを使用し、デジタル信号として映像データを伝送するシステムです。従来のアナログカメラに比べ、高解像度・高画質な映像の伝送が可能となっています。小・中規模向けのシステムとなります。

AHDカメラシステム

アナログ規格で高画質な映像伝送を可能とした映像方式です。同軸ケーブルを使用し、解像度の高い映像伝送が可能となっています。

アナログカメラシステム

同軸ケーブルを使用した最も一般的なシステムです。
上記のカメラシステムに比べ解像度が低いため、近年は活躍の場が減っています。低コストでのシステム構築が可能です。

BOXカメラ

形状の種類

BOX型カメラ

外観が箱型(BOX)の形状をしており、レンズやハウジングを換装する事で様々な設置環境に対応出来ます。レンズとハウジングが一体となったバレット型もあります。

ドーム型カメラ

外観がドーム状になっており、BOX型に比べソフトな印象もあり、オフィスなど室内の設置に最適です。

PTZカメラ

主にドーム型の形状をしており、パン(P)・チルト(T)・ズーム(Z)機能を有した可動式カメラです。1台で広い範囲の撮影が可能です。

ドームカメラ

レンズによる画角の目安

レンズによる画角の目安

照度の目安

照度の目安